結婚式に来てくれた方に感謝を伝えるためのプチギフトは通販で購入

自分たちで結婚式のプチギフトを用意すると持ち込み料が必要な場合も

草原を歩く新郎新婦

色々と忙しい中自分たちの結婚式にわざわざ足を運んでくれたゲストに、感謝の想いを込めて渡すプチギフトは今や定番の結婚式の演出となっています。そんなプチギフトですが、結婚式を挙げる式場やホテルのプランに組み込まれている、あるいはオプションとして用意されている場合には、お願いすればプチギフトを用意してもらう事も出来ます。ただその場合用意できる物が限られていたり、値段が高めだったりするので、自分たちで好みの物を用意するというカップルも多いです。通販サイトにはプチギフト専門のサイトもありますし、珍しい物やオシャレな物も多いのでこだわりたい方には自分で用意した方が自分たちの結婚式という要素が強くなって楽しいかもしれません。ただ自分たちで準備する場合には、式場への持ち込み料が必要になるケースも多いので、予算繰りには注意しましょう。持ち込み料というのはドレスなどにもありますが、式場での管理費用と思えばいいでしょう。万が一のトラブルの場合の保証ですので必要なのですが、式場によって費用の設定が異なり、中にはプチギフトの料金と同規模の費用がかかる場合もあります。特に費用を抑えようと自分たちで準備する事を決めたカップルにとっては本末転倒になる事もあるので、招待客が多い場合などでは注意しておきましょう。

結婚式の招待客に感謝の気持ちを伝えるならプチギフトがおすすめ

プチギフトは結婚式に来てくれた招待客に渡す、感謝のギフトです。様々な演出がありますが、多くは結婚式後の披露宴や二次会などの帰りに、新郎新婦から直接各招待客に一言二言声をかけながらプチギフトを渡すというものです。結婚式や披露宴では招待客に声をかける暇が無かったりするので、一人一人に感謝の気持ちを伝えられるプチギフトは貴重な時間です。ただ中には招待客へのお土産なら引き出物があるのだから、それにプラスしてわざわざプチギフトなんて渡す必要があるのかと疑問に思われる方もいるかもしれません。確かに以前であれば招待客の帰り際に感謝の言葉をかけながら引き出物を渡すというのが一般的でしたが、最近では途中で帰宅される方等の為に引き出物は披露宴会場の座席などに先に用意しておく事が一般的になっています。さらには持ち帰る不便さから引き出物は後で自宅に送付したり、またはカタログという形で選んでもらうという場合もあります。そうなると引き出物があっても直接感謝の想いを伝えるという事が出来ないので、プチギフトという演出が活きてくるのです。プチギフトは小さなギフトで、軽くかさばらないものが基本なので邪魔になりませんし、値段的にも通販で買えるようなプチプライスな品物なので招待客の負担にならないのもポイントです。

結婚式のプチギフトを迷ったら定番どころをチョイスしよう

せっかく選ぶならもらった人が喜ぶようなプチギフトを贈りたいところですが、結婚式の招待客は老若男女様々な世代の方が来られるものですし、新郎新婦が別々の地域の方であれば地域差という問題も出てきます。そうした状況でみんなに喜んでもらえるプチギフトを探すというのはなかなか大変な物です。そこで参考にしたいのが、定番のプチギフトです。「定番」というのは、いわばこれまでに結婚式でプチギフトを贈った経験のある先輩カップルの統計ですので、迷ったら定番を抑えておけば間違いありません。定番と言えるものはいくつかありますが、一つにはお菓子です。プチギフトに限らずギフトの定番であるお菓子は誰しもが口にするものですし、元々値段が安いので高価な物を用意しても予算内におさめやすいです。元々小分けになっていたり、パッケージもオシャレで可愛いものが多いので結婚式のプチギフトにぴったりです。また紅茶やコーヒーも大定番です。こちらも多くの方が日常で口にするものですし、軽量なので結婚式の帰りにも邪魔にならないメリットがあります。またお菓子と同様に小分けにした場合の費用がリーズナブルで、さらに通販サイトなどではパッケージにオリジナルのデザインを選べるところもあったりして、個性を出すのにもピッタリです。